2015年10月 3日

【約定力も重要】

注文するときにスプレッドが安いに越したことはないのですが、実際の取引では、FX会社の約定力次第では設定されているスプレッド以上の取引手数料を支払うことになることがあります。
つまり、約定力の弱い口座ですと、約定したいレートで注文が成立しないこともあり得るのです。
その原因が「スリッページ」というものです。
slippage」とは"すべること"という意味です。
スリッページとは、注文時の価格と約定価格がずれてしまい、不利な為替レートで買ってしまう現象のことを指します。
具体的には、取引画面のレートが121.123円のときに注文のためにクリックをしたのに実際には123.225円で約定してしまうように、注文したレートと約定したレートに差が発生することをスリッページと呼びます。
スリッページが起こる原因についてですが、大きく分けると2つあります。

一つ目は、FX会社のサーバーやシステム等の性能・容量不足により、注文が殺到したときに動作上でスリッページが起こってしまうことがあります。

二つ目は、トレーダー側のネット環境が良くないため、ネット速度が遅い場合にスリッページが発生することもあります。
結論的には、トレーダー側のネット環境が原因で起こるのであればプロバイダーとかを変更すれば良いのですが、FX会社側に問題がある場合は、FX会社の口座を見直すべきです。
そのようなことにならぬように、スリッページが起こらない約定力が強いFX会社を選択することが必要です。
以上のことから、スプレッドを検討する際には約定力も一緒に確認する必要があり、これについても比較サイトを参考にされたらいいでしょう。

2015年10月 1日

低スプレッドと約定力について

前回、海外の低スプレッド業者を紹介させてもらいました。
XMのゼロ口座、AXIORYのナノ口座などに触れましたが、今回は、低スプレッドの必要性と合わせて約定力について解説したいと思います。
【低スプレッドの必要性とは】
まず、前回スプレッドの狭い口座をご紹介した理由をお話しします。

スプレッドとはご存知だと思いますが、要は取引手数料のことです。

一昔前ではスプレッドではなく純然たる取引手数料がかかったのですが、近年では取引手数料の代わりにスプレッドを徴収するFX会社がほとんどとなっています。
株式投資などは一度買ったらしばらく保有するだけですが、FX投資は頻繁に何回も売買を繰り返すので、取引回数が多くなればなるほど手数料の負担が大きくなります。当然ながら、できるだけ取引手数料たるスプレッドが安い口座を開設したほうが得策なのです。
しかし、スプレッドだけ判断して良いかというとそうではありません。
取引条件としてだけ見ればスプレッドの安い口座を開設すべきといえますが、実際の取引においては、その希望したスプレッド条件とおりに行かず、より多くのコストを支払わざるを得ないリスクも存在しているからです。
そのリスクとはなんでしょうか...

2015年4月27日

海外の低スプレッド業者はココだ!

海外のFX業者の中で低スプレッドなのは口座のタイプによって変わります。

取引手数料が発生するマイクロ口座などのタイプであれば

XMのzero口座ややAXIORYのNano口座がオススメ

USD/JPYであれば0.1pipsから0.4pipsあたりをうろついており、取引手数料はXMが$5、AXIORYが$3となっている

また、スタンダード口座であればAXIORYが安定して低スプレッドを提供しています。

その他にも特徴ある口座が多いので以下の比較サイトなどを参考にするといいでしょう。

海外FXのスプレッド比較はコチラ

スプレッドはとにかく狭いほうがいいのか?

スプレッドがとにかく狭いFX業者を使うのが一番だ!

と安直に考えるのはよくありません。

なぜならば、スプレッドが狭いということは同時に他の手数料や料金が発生している可能性があるからです。

例えば海外のFX口座であればスプレッドが0pipsを謳っているマイクロ口座などは1取引300円から500円の手数料が発生します。

しかし、日本のFX口座であればUSDJPY0.3pips固定を謳っている業者などもあります。

やはりスプレッドの面では儲ける形態が違う日本のFX業者に軍配が上がりますね。

ですが、ハイレバレッジで大きな儲けを出す場合はそんなスプレッドも気にならなくなってきます。

なので小さな取引をお試ししてみたい人は日本のFX業者、慣れてきて大きく設けていきたい人は海外のFX業者をつかうといいかもしれません。

愚直に低スプレッド!とならずに、自分のトレードスタイルに合わせて業者を選んでいきましょう。

2015年4月24日

どこのFX業者が一番スプレッドが狭いのか?

FXの取引をする上で一番重要なのはスプレッドの狭さと行っても過言ではありません。

特にスキャルピングで取引する場合は数pipsで損益が決まる場合もあります。

では一体どこのFX業者が一番スプレッドが狭いのでしょうか?

そもそもスプレッドとは一体ナンなのでしょうか?

スプレッドとは?

スプレッドとは買いの値段と売りの値段との差になります。

例えば米ドル円が買いの場合1ドル119.151円、売りの場合1ドル119.169円とすると

その差額、0.018円、1.8pipsがスプレッドとなります。

買った瞬間売った場合は1.8pips分損になるわけですね。

なぜ、同じ米ドル円なのに買う時と売るときにの値段に差があるのでしょうか?

それはこのスプレッドがFX業者の利益になるからです。

つまり、FX業者は取引を重ねてもらうことによりスプレッド、手数料を抜くことで利益をあげています。

仮にスプレッドが0pipsの場合は他の料金、会員料金や、1取引固定で○○円などとお金を取らないと儲けられないのです。

スプレッドを狭くしたほうが多くのトレーダーが取引をしてくれるが、その分自社の儲けがすくなるという仕組みの中で、各業者は独自にスプレッドを設定しているわけですね。

次回はスプレッドの比較の仕方を紹介します。